人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

「古典」 一覧

愛の妖精

古典

女子中高生におすすめだと思う。『愛の妖精』感想。

2019/01/05  

こんにちは。今回は『愛の妖精(プチット・ファデット)』を読みました。 作者のジョルジュ サンドは結構有名な人らしく、あのショパンとお付き合い ...

万能の鍵

unlimited 古典 聖書・宗教

ラルフ・ウォルドー・トライン『人生の扉をひらく「万能の鍵」』感想。

2017/11/06  

こんにちは。今回は『人生の扉をひらく「万能の鍵」』を読みました。 100年ほど前にアメリカで書かれた本で、とても有名なのだそうです。 著者は ...

ぼくはいかにしてキリスト教

unlimited 古典 聖書・宗教

『ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか』 (光文社古典新訳文庫)

2017/09/14  

こんにちは、akoです。 今回は『ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか』を読みました。 内村鑑三がどういった経緯でキリスト教に改宗すること ...

self_reliance

unlimited 古典

エマソンの『自己信頼』(パンローリング社)の感想。

2017/09/11  

こんにちは、akoです。 ヘンリー・デービッド・ソローの著書『森の生活 ウォールデン』の中で、エマソン氏の名前が何度か登場していました。 実 ...

森の生活(下)

古典

『森の生活〈下〉ウォールデン』(岩波文庫)を読んだ感想。

2017/09/02  

こんにちは、akoです。 今回は、 ヘンリー・ソローの『森の生活 ウォールデン 』(岩波文庫) の下巻を読みました。 上巻の感想はこちら↓ ...

君主論

古典

『君主論』 (岩波文庫)を読んだ感想。

2017/08/24  

こんにちは、akoです。 今回は、マキアヴェッリの『君主論』(岩波文庫)を読みました。 実は、君主論や国家論みたいなものにはあまり興味がない ...

種の起源

unlimited 古典

『種の起源〈上〉』 (光文社古典新訳文庫)を読んだ感想。

2017/08/23  

こんにちは、akoです。 今回は、光文社古典新訳文庫の『種の起源<上> 』を読みました。 『種の起源 』は上下巻にわかれているのですが、上巻 ...

キリストにならいて

古典 聖書・宗教

『キリストにならいて』 (岩波文庫)を読んだ感想。

2017/08/19  

こんにちは、akoです。 『キリストにならいて』 (岩波文庫) トマス・ア・ケンピス (著)を読みました。 1441年頃、ドイツ人修道士トマ ...

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.