人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

unlimited 現代

『苫米地英人の金持ち脳 ~捨てることから幸せは始まる~ 』を読んだ感想。

更新日:

kanemochi_nou

概要

こんにちは、akoです。

今回は、『苫米地英人の金持ち脳 ~捨てることから幸せは始まる~ 』を読みました。

kindle unlimitedに入っています。

[kindle unlimited 読み放題を見てみる]

一気に読めました。テンポがいいです。

苫米地氏の他の著書のような難しい内容はとくになく、とてもわかりやすい内容でした。

ごくごく当たり前といってもいい内容です。

たとえば、

・ただ「金持ちはいい」という思い込みからお金を求めていては、いつまでたっても満足は得られない。
・低所得でも、支出を収入より少なくすればよい。
・メディアに躍らせれて買いたくなるのではなく、賢い大人になって本当にほしいものを見極めよう。
・やりたくないことをやっていると、貧乏脳になりがちなのでやりたいことをやろう。

といったようなことです。

とにかく、テレビを毎日見続けて、メディアから影響を受け続けることは危険だ、ということが何度もでてきます。

もしかすると、テレビ大好きな方が読むと、何度も怒られている気持ちになるかもしれません^^;

次は特に印象に残った点についてお話します。

やりたいことでも自分だけの趣味では駄目

マーケットの役に立つかどうかが重要だそうです。

好きなことを仕事にするといっても、趣味のように好きなことを仕事にするということではない。マーケットの役に立つことで好きなことを仕事にする。

そして、ここまでなれれば、何もいうことはないだろうという状態が下記だそうです。

人生のどこかの時点で、マーケットのために働くことの喜びを見出せた人はラッキーだ。仕事によって心が満たされ、支出が減る。やりたいことをやっているために生産性が上がり、結果的に多く稼げるようになる。そうして、人生時間が充実し、人生の価値が高まる。

なんだかものすごく考えさせられました。

本自体はスラスラと読めたのですが、最後の最後でドカンとかなり大事な課題をだされた感じです。

課題の内容が重たすぎて、感想がでてこないという・・・(苦笑)

自分でじっくり考えるしかなさそうです。

 

最後に軽めの余談ですが、「買い物に機能以外の物を求めるな」の章で、

機能重視で、ロレックス等ではなくG-SHOCKを購入した話があります(とはいってもとても高いもの)。

私も機能でG-SHOCK(大きすぎるので、私はbaby-Gですが)を選んだので、わかるわかる!と思えたところがうれしかったです(笑)。

 

まとめ

この著者の本をこれまで何冊か読みました。

一貫していわれていることは、知識(教育)が大事ということです。

たくさん知識を得て賢くならなければ、本当の大人とは言えないんだなと思いました。(実年齢は十分に大人ですが)

軽めの本ですが、個人的にはとても考えさせられた本でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-unlimited, 現代

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.