人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

unlimited 哲学 現代

『新装版 ソフィーの世界 (上)(下) 哲学者からの不思議な手紙』感想。

投稿日:

こんにちは。

今さらと思われるかもしれないのですが、はじめて『ソフィーの世界』を読みました。

たまたま、アマゾンでセールかなにかになっていたのがきっかけです。

とはいっても、ソフィーの世界って聞いたことある、昔、はやってたなぁというくらいの印象で、何の本なのかも知りませんでした。

でも概略を読んでみると、私が最近読みだしている「哲学」の本なのですね!

「哲学の本」なら読んでみたくなります。

この本は「上」「下」にわかれています。

実は私はたいてい、本が上下にわかれていると、ちょっと気分が萎えます。

「上」があまり面白くなかったとしても、「下」まで読まないとそうはいえないのかもと思って、結局上下ともに読むことになるからです(笑)。

なので、2冊分購入する覚悟がないと、普通は読まないことが多いです^^;

今回は、上だけはunlimited対象でしたので、下だけの出費だけですむということもあって読んでみました。

哲学史+ファンタジー

『ソフィーの世界』をご存じない方のために、ざっくりと内容をご説明すると、

これは、哲学史+ファンタジーの本です。

この本を読めば、古代ギリシャから現代までの哲学の歴史を学べます。

哲学だけでなく、ユダヤ教、キリスト教との関係についても詳しく書かれていて興味深いです。

個人的には、ほぼ興味がなかった近代以降の哲学(ハイデガーやサルトル)に興味がわいたことは収穫でした。

哲学史を学べるということが半分、そしてもう半分は、ファンタジーの物語を楽しめるという点です。

ファンタジー・・・(苦手です

実はあまり興味がないというか、よくわからないと思っていました^^;

この『ソフィーの世界』も、ファンタジー的なところの意味は、なんだかよくわからなかったです。

でも、そのファンタジーのストーリーから考えさせられるところはたくさんありました。

「私ってなに?」とか、「今見ている世界ってなに?」とかです^^;

昔、映画「マトリックス」を観たときのような感覚ですね。

『ソフィーの世界』は、哲学史とファンタジー両方を同程度に扱った本といえると思います。

ちょっと哲学とか、ちょっとファンタジーではなくて、両方がっつりという印象です。

哲学の話が続く場面では、ファンタジーを読んでいることを忘れてしまうこともありましたが、物語もちゃんと続いている、といった雰囲気の本です。

哲学史が学べるので、哲学に興味がある方におすすめできる本だと思います。

まとめ

主人公のソフィーは14歳で、この本の対象も「14歳以上の大人」らしいのですが、私は十分に大人向けの本だと思いました。

10代でこの本の内容を理解できる人ってすごい。。。

最後に、何度か登場する深い詩をご紹介しておきます。

三千年を解くすべをもたない者は
闇のなか、未熟なままに
その日その日を生きる

ゲーテ

-unlimited, 哲学, 現代

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.