人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

哲学 紀元前~

ストア哲学入門の良書!『エピクテートス―ストア哲学入門 』

更新日:

こんにちは、akoです。

今回は、『エピクテートス―ストア哲学入門』鹿野 治助著 を読みました。

ストア哲学に興味のある方は、ぜひぜひ読んでほしい本です。

エピクテートスを知るにはもちろん、ストア哲学の入門書としてもお勧めです。

ですが、この書籍は古書でないと手に入らないようで、私は図書館を利用しました。

1977年の発行で、価格が280円!

とても古い本です。

古くてもまだ十分に読めるのでいいですが、読めなくなったらどうするの?と心配してしまいます^^;

私の住む市には、この1冊しかないのです(泣)

岩波書店さんが新しく発行してくれることに期待しています。

電子書籍でもいいので!

 

内容

はしがき
一 奴隷の子と生れて
二 時代を見れば
三 系統をたどる
四 哲学
五 論理学は欠くことができない
六 自然学
   (イ)形而上学的存在と宇宙
   (ロ)人間、その位置とロゴス
   (ハ)運命、自由、摂理
七 倫理学
   (イ)徳、幸福、賢者、情念
   (ロ)死、自殺
八 宗教
   (イ)神
   (ロ)解脱
九 国家
   (イ)社会性、結婚
   (ロ)宇宙国家
一〇 彼の人間形成
一一 後世への影響
一二 東洋思想との対比
一三 むすび

 

テピクテートスってどんな人?

エピクテートスは、セネカ(前4ー後65)、マルクス・アウレリウス(121ー180)と並ぶ後期ストア派の一人です。

エピクテートス

奴隷出身で、足が不自由。

この絵には、杖も描かれています。

エピクテートスはこのような時代において、キケロやセネカ、あるいはマルクス・アウレリウスなどと違って、逆境の最低から立ちあがったのである。しかも、集団的な信仰によってではなく、哲学によってなのである。彼には明察の鋭さと共に、何物にも屈しないような強い意志があった。彼はいわば泥中の蓮華で、その哲学はこの時代に似つかわしい哲学であった。

逆境から、しかも哲学によって立ち上がった人なのですね。

強いです。

このような人をみると、よくいわれるような、悪い環境に染まってそのまま悪の道へといった流れは、何かいい指針とその人の意志さえあれば、断ち切れるのではないかと思ってしまいます。

「意志」の強さって大事。

甘えていてはいけないなと考えさせられます。。。

 

この本を読めばこんなことがわかる

  • エピクテートスのことが当然ながらよくわかる。
  • エピクテートス以外のストア派哲学者との関わりがよくわかる。
  • ストア哲学の流れがわかる。
  • 当時のローマの状況がわかる。
  • ストア哲学の3つの要素(論理学・自然学・倫理学)について説明がある上、それぞれの役割がわかる。
  • ストア哲学とキリスト教の違い、関係がわかる。
  • ローマで、ストア哲学が終わって、キリスト教が広まっていった背景がわかる。
  • 道教、禅と似ている点、異なる点がわかる。
  • ストア哲学が後世に与えた影響がわかる。

内容濃いです。^^

個人的には、キリスト教との関係の記述がとても勉強になりました。

そうだったのか!という感じです。

その他の項目もとてもわかりやすく、すんなり頭に入ります。

 

まとめ

この本は、新書サイズなのでそれほど量は多くないのですが、内容はとても充実しています。

ストア哲学入門書として本当に良書だと思います。

かなり古い本ですが、わかりにくいとかいうことも全然なく、逆にとても楽しめました。

なんというか、以前『イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫)』井筒 俊彦著、を読んだときのような、「いい本だったなぁ」という満足感が味わえました^^

入手できるうちに読んでみてください。

エピクテートス―ストア哲学入門 (1977年) (岩波新書)

-哲学, 紀元前~

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.