人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

unlimited 哲学 現代

『1日で学び直す哲学 常識を打ち破る思考力をつける』感想。

更新日:

こんにちは、akoです。

今回は、光文社新書の『1日で学び直す哲学 常識を打ち破る思考力をつける』を読みました。

これまで、哲学の本は数冊読んだ程度で、しかもとても難しかったので、もうちょっと勉強しようとこの本を読んでみました。

Kindle Unlimitedにも入っています。)

この本も、私にとっては結構難しかったです。^^;

特に近現代のヘーゲル、ハイデッガーあたりは・・・

そもそも、今まで私が読んだ哲学の本は、ソクラテス、プラトン、マルクス・アウレリウス、デカルトだけなので、難しく感じてもしょうがなかったかーという感じです。^^

ですが、この本は、文章が教科書みたいな堅苦しいものではないのでわかりやすく、なんとかついていけました!

 

本書に登場する人は、大まかに、

ピタゴラス、プラトン、ソクラテス、アリストテレス、デカルト、ベルクソン、バタイユ、カント、ヘーゲル、マルクス、ハイデッガーです。

他にも、コラムだけに登場する人もいます。

それぞれの哲学者が、こんなことを考えていたんだというのが、なんとなくわかるようになっています。

分厚い本ではなく新書で、これだけ理解ができたのはよかったと思いました。

哲学の難しいことはわからないけど、個人的にとても印象に残った章を挙げてみます。

 

 

神の子という思考のアクロバット

この、通常の思考ではほとんど理解不能なアクロバットこそ、イエスの死を受け止めた弟子たちの気持ちを昇華したものであり、キリスト教の命なのです。

 

キリスト教を生み出したのは、イエスではありません。「イエスの死」です。

冤罪ともいえる理不尽な理由で処刑されたソクラテス。

その死に共通点があるとして登場していたのがイエスです。

周りにどう思われていようと、イエスの後継者たちにとっては、イエスの死は到底受け入れがたいものでした。

でも、その到底受け入れがたい死が、キリスト教につながっていった・・・

この説明で、自分の中の謎がひとつ解けたと思いました。

以前聖書を読んだ段階では、私はキリストは預言者である(つまり人間)と理解していました。

でもその後、『キリストにならいて』という本で、キリストが神になっているのを目にして???となったんです。

なぜ神になったんだろう?と思っていました。

今回の本の著者が仰っているのですが、イエスが神なら、人間は畏れ多くも神を裁いて、神を磔にしたということですよね。

とんでもない「思考のアクロバット」と表現されていました。

でもそれが、「弟子たちの気持ちを昇華したもの」であり「キリスト教の命」という考え方を読んで、とても納得しました。

ソクラテスもそうですが、大切な人が冤罪で命を奪われたとき、その周りの人の気持ちは、他人が想像もできないほどつらいと思います。

そのどうしようもない気持ちが、キリストの弟子やプラトンを動かしていったんですね・・・

 

人間だけが「死ぬ」

ヘーゲルは「人間は死すべきものである」と言ったそうです。

人間だけが、生成・消滅という自然のサイクルの一部を「生」と「死」として意識している。

たしかに、誰もが、自分がいつかは死ぬことを知っているけれど、知ってはいても、直視するのはつらいため、そのことに目をふさいで生きている。

死から逃避して、つまり勉強、娯楽、仕事、無駄話、政治など、「現在」に自分をつなぎとめて、未来にやってくる「死」を忘れさせている。

人間はどうせ死ぬのだから、人生楽しんだもの勝ち!という人もいるし、生きている間に来世のために何かしておこう!という人もいるでしょう。

いずれにしても、「死」を意識することで生き方が決まるのかなと思いました。

何気に、ものすごく大事なことのような。。。

 

さいごに

多少は哲学のことを知っている人が読む本なのかもしれませんが、たいした知識がない私でもついていけたので、そんなに難解な内容ではないと思います。

新書なのに、哲学がなんとなく理解できました。

-unlimited, 哲学, 現代

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.