人生を豊かにするために読書をする日常の記録。読書感想文。

akoの読書blog

現代

『並外れたマネジャーになる 80対20の法則』の感想。

投稿日:

こんにちは。

今回は、『並外れたマネジャーになる 80対20の法則』を読みました。

この本は「マネジャー」に特化していて、一般的な「80対20の法則」の本も別にあるようです。

今回は、たまたまこの「マネジャー版」のほうがセールになっていたので、読んでみました。

内容としては、「80対20の法則」がどんなものか、「80対20マネジャー」とはどんな人をいうのか、について書かれています。

要は、世の中はその全てといってもいいくらい、20%が80%を動かしている、というようなことが書かれています。

よく聞きますよね、

「社内の20%で全体の利益の80%を上げている」
「顧客の20%が全体の利益の80%を上げている」

なので、全体に万遍なく力を注ぐのではなく、大事なところにまず集中すべし、ということでした。

これでもかというくらい多くのデータが挙げられていたので、この本を読めば、すべての仕事に同じ力を注ぐことがいかに無駄かということが、しっかり理解できると思います。

だんだん、難しくなってきたなと感じたのは、第2部でした。

第2部は、「80対20マネジャーになるための10の方法」について書かれています。

その方法は、以下のようになります。

  1. 探偵マネジャー
  2. 連結の達人マネジャー
  3. メンタリング・マネジャー
  4. レバレッジ・マネジャー
  5. 自由にやらせるマネジャー
  6. 意義を求めるマネジャー
  7. 時間に余裕をもつマネジャー
  8. 単純化するマネジャー
  9. 怠け者マネジャー
  10. 戦略的マネジャー

想定内のものから想定外のことまでありましたが、10も方法があります。

その全てに秀でる必要はないらしいです。

著者も2つくらいは、なかなかできないといっていました。(下へいくほど、難易度が上がるそうです)

私がこの80対20マネジャーを結構難しいと感じる理由は、そもそもマネジャー職ではないから、ということが大きいのかもしれません^^;

ですが、特に「怠け者マネジャー」などはこれまで知らなかった考え方なので、やっぱり難しいんじゃないかと思いました。

ちなみに、「怠け者」といっても、もともと怠け者なのは論外だそうですよ^^;

まとめ

マネジャーに特化した本ですが、80対20の法則はきちんと理解できるようになっています。

もちろん、現在マネジャー職に就いている人、マネジャーになろうとする人にはためになる本だと思います。

逆に、マネジャー職ではない人、個人でお仕事されている人などには、直接関係はないかもしれません。

個人的には、マネジャーに対する見方が増えたことが面白かったです。

不在がちな上司がいたら、もしかするとその方は優れた「怠け者マネジャー」なのかもしれません^^

-現代

Copyright© akoの読書blog , 2020 All Rights Reserved.